1. 深谷商工会議所 >
  2. 職員徒然日記 >
  3. 青年部

青年部

災害協定交流会2018年10月09日

先日、日本商工会議所青年部連合会災害協定交流会が広島市で開催されました。

この災害協定交流会とは、平成25年度から始まり、全国の商工会議所青年部の規模に応じた4拠点が、それぞれの地域で発生した自然災害時に助け合うといった協定を結び、年に1回意見交換や交流を行うために集まるといったものです。そして、私達深谷商工会議所青年部(深谷YEG)は、広島YEG、富山YEG、仙台YEGと協定を結んでおり、今年度は広島市で開催されました。

写真は、開会時の会長あいさつを行う深谷YEG滝澤会長です。

ご存知の通り、広島では7月に豪雨災害が起こってしまい、今回の意見交換会では、被災地のリアルな声が私達参加者の胸に突き刺さりました。

そして今後、自分達の住む地域で災害が起こったらどう対応するか、万が一の備えは何を用意すれば良いかを聞いてきました。

保存食や水の他に、備品として長期保管ができるテーブル用ガスコンロと簡易携帯充電器は持っておいた方がいいとのことです。

皆さんも、災害時における準備をお忘れなく。

投稿者:kogue

埼青連役員会後の懇親会にて2018年09月26日

昨日、埼玉県商工会議所青年部連合会の第3回役員会が、上尾市にて開催されました。
写真は役員会後の懇親会の様子です。

懇親会は県連会長のあいさつや乾杯、といった通常の流れで始まり、こちらも恒例ですが各単会のPRタイムが中盤に行われました。所沢の所沢まつり、飯能のムーミン関連、熊谷のうどんサミット、春日部の関東ブロック大会、そして深谷からは産業祭で開催される“ネギロック”について、滝澤会長よりPRしていただきました。

そうです。2年前、深谷市文化会館で行われた深谷商工会議所青年部による音楽イベント“ネギロック”が今年、会場を産業祭に移し、前回よりもパワーアップして帰ってきます!

近々専用のホームページも開設されますので、そちらも併せてチェックしてください。

投稿者:kogure

KKTとYLK2018年09月10日

先週の土曜日、上尾文化センターで埼玉県商工会議所青年部連合会主催の『研修と交流の集い(通称KKT)』という事業が開催されました。深谷からは総勢30名で参加し、研修では青年経済人として地域の活性化にどのように携わるか、また交流会では県内地域の青年部メンバーとの交流や親睦を深めました。

そしてこの交流会では、来年2月に深谷で開催される『ヤングリーダー研修会(通称YLK)』のPRを行いました。写真はそのときの様子です。

このYLKとはKKT同様に、基調講演や講習会、交流会がセットになった事業です。

壇上では滝澤会長の挨拶から始まり、実行副委員長のPRのマイクパフォーマンス、そして最後に実行委員長から「2月2日には、深谷に渋澤イズムを学びに来てください!」という言葉でPRが終了。会場は大いに盛り上がっていました。

そのとき私は、下から動画撮影をしていましたが、実行委員長のその想いは参加者全員に伝わったと思います。
いろいろと大変ですが、2月に向けて一緒にがんばりましょう!

投稿者:kogure

初・青年部委員長会議2018年09月06日

先日、当所青年部の委員長だけの会議が開催されました。まぁ、会議というよりも意見交換会といった方が良いのかもしれません。

実はこの会議、青年部の年間行事で開催される会議ではなく、委員長同士がもっと親密な関係になることを目的としてオフィシャルではない形で開催されました。

私も青年部の担当となり5ヶ月が経過したのですが、この委員長という立場は予想以上に大変な役であり、各事業の成功には委員長同士の連携が非常に重要であるということを知りました。

当日は、各委員長の事業報告やこれから行う事業に対する協力要請、各委員会での会議の進め方など、腹を割った話合いをしていました。

このように、委員長同士お互いが親身に相談やお願い事に応じるためにも、このような会は非常に重要な役割があり、これからも定期開催することが決まりました。やはりコミュニケーションを円滑にすることは、どこの世界でも大切だという事を改めて学んだ会議でした。

投稿者:kogure

大物俳優の実家2018年08月09日

本日、青年部事業についての打合せのため、当所青年部会長の滝澤会長のところへお邪魔しました。ご存知の方も多いと思いますが、滝澤会長の事業所は滝澤酒造という深谷の老舗酒蔵です。

そんなこんなで打合せが終わりまして、滝澤酒造の新商品や今後の事業展開についてお話を伺っていたときに、「そうだ!珍しいものがあるから小暮さんにあげるよ!」と、写真のものをいただきました。中身は甘酒です。

しかし!なんとこれは、映画やテレビなどで活躍している俳優の“佐々木蔵之助”の実家で造られた甘酒なのです!

佐々木蔵之助さんの実家は、京都の老舗造り酒屋であり、現在は弟の佐々木晃さんが4代目として継承されています。その4代目の晃さんと滝澤会長は非常に親しい間柄であり、先日京都に行ったときに購入されたとのこと。いただいたのはいいのですが、何だかもったいなくて開けられないので、しばらくは部屋に飾っておこうと思います。

滝澤会長ありがとうございました!

投稿者:kogure

青年部執行部会議2018年07月31日

先日青年部の執行部会議が開催され、写真はそのときの会長挨拶の様子です。

毎回思うのですが、今年度の滝澤会長の挨拶は本当に素晴らしいのです。

これから事業を行う委員会に対し、やる気を起こさせるというか、参加者のモチベーションが高まっているのが何となく分かります。そして何よりも、事業を行う委員会の自主性を重んじ、やろうとしている事業を全面的にバックアップする姿勢をこの挨拶で宣言し、実際に行動で見せてくれます。

青年部担当となり4ヶ月が経過しましたが、毎回毎回滝澤会長の挨拶には感動させられます。

投稿者:kogure

青年部親睦事業2018年07月18日

連日暑い日が続きますね・・・。
テレビやラジオなどの天気予報やニュースでも、全国的に熱中症の予防を促していますが、関東全域にも同様に熱中症の警戒が出ています。皆さまも外出する際は、服装や水分補給など、十分にお気を付けくださいね。

そして、本日は、当所青年部の親睦事業であるゴルフ大会が秩父キングダムゴルフクラブで行われています。写真は朝6時のゴルフ場前の様子です。

本日参加されるメンバーの皆さんは、若い人ばかりなので体力的には問題ないと思いますが、やはり熱中症が心配です。なので今回のゴルフ大会の受付時に、熱中症予防タブレット(塩あめ)とミネラルウォーターを参加者皆さんにお配りしました。気休めにしかならないかもしれませんが、参加された46名の皆さんが無事にラウンドを終えて欲しいという願いを込めて購入しました。事務局の私は、最終組のカートが出たのを確認してから事務所へ向かいました。今は、この後に開催される懇親会の準備をしています。

さて、それではこれから、懇親会の準備に会場に向かうとしますか!

投稿者:kogure

青年部研修事業2018年07月12日


深谷商工会議所青年部では研修事業として八海醸造(株)の南雲二郎社長を講師にお招きし、「自らの道を究める、社会貢献・地域の発展とは」を開催しました。

 参加者はなんと100名を達成し、大成功に終わりました。
 活動報告は深谷商工会議所青年部HPでも確認できますので、ぜひ、ご覧下さい。


 投稿者:Kano

想いの差2018年07月03日

昨日、青年部の広報研修委員会が開催され、今度の7月10日(火)行われる研修事業についての話し合いがなされました。

その研修では、あの有名な日本酒“八海山”の会社、八海醸造(株)の社長の南雲二郎様をお招きして、今まで行ってきた企業の挑戦や地域貢献についてのご講演をいただきます。その後、日本酒の美味しい飲み方についてお話いただき、参加者の皆さんに実際に八海山を飲んでいただくといった内容です。

昨日の委員会では、事業当日の役割分担や流れについて、そして参加者の誘致を行いました。参加者については、当初から100名を予定しており、昨日の会議前までは85名。目標値まで後15名というところまで迫っていました。
「85%の達成ならまぁいいか」と私なら軽く諦めてしまうところですが、委員会メンバーは違いました。「誰が誰に電話する」という話しをし始め、メンバーが一斉に電話をかけだしたのです。そして、何と30分後には目標値を上回る全102名の参加を募ることができました!

この未達成と達成の差ですが、ここには目に見えない想いの差というものがあるのだと考えさせられました。これは、何事に対しても同じですが。

改めて、青年部メンバーのパワーと、目標達成に向けた努力の大切さを感じた会議でした。

投稿者:kogure

埼青連の役員会にて2018年06月26日

昨日、上尾市文化センターにて埼青連の役員会が開催されました。

毎回のことではございますが、この埼青連の会議の前には必ず、『伸びゆく大地』という商工会議所青年部の歌を歌います。ちなみにこの歌はカラオケにも入ってるんですよ。

そんなこんなで、私は会議の度にこの歌を毎回大熱唱しています。おそらく会場で一番でかい声で。しかし、歌詞が若干うろ覚えなので、間違えるとかなりの確率で注目されてしまいます。まぁ、今回も2回ほどそんな場面がありましたけど。

ユーチューブにもアップされてますので、よろしかったら一度見てください。結構いい歌ですよ。

投稿者:kogure

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

このページのトップに戻る

バックナンバーはカテゴリよりご覧ください。