インボイス制度・電子帳簿保存法セミナー

インボイス制度の概要と電子帳簿保存法のポイント

 2023年10月から消費税「インボイス制度」が導入されます。インボイス制度下では、インボイス(一定の事項が記載された請求書)の保存が、消費税の仕入税額控除を受ける必要条件の一つになります。発行した事業者もインボイスの写しの保存が義務付けられるため、売手側も買手側も、経理に係る事務作業の増加が予想されています。
 このような背景の下、ペーパーレス化が望ましいとされていますが、電子データでインボイスを保存するにあたっては、電子帳簿保存法への対応が必要になります。本講習会では2022年1月に改正される電子帳簿保存法のポイントを含めた、インボイス制度への対応について解説いたします。ぜひご参加ください。

日時 令和4年2月4日(金) 14:00~16:00
会場 深谷商工会議所2階会議室(旧教育庁舎)
深谷市本住町17番3号
受講料 会員:無料
非会員:3,000円
定員 30名(定員になり次第締め切り)
講師 公認会計士 コンサルタント 川口 宏之 氏
概要 ◆インボイス制度の概要
・制度概要と導入までのスケジュール
・インボイスを発行できるのは課税事業者のみ
・免税事業者に想定されるデメリットと対策
・制度開始までに対応すべきこと

◆電帳法の適用要件と申請方法

◆電子帳簿保存法の概要
・制度概要と令和3年度改正のポイント
・[全事業者対象]電子データで受け取る請求書等の保存について

◆保存帳簿を電子化するメリット・デメリット
・実務対応の要点(日々の業務がどう変わるか)
主催 深谷商工会議所  TEL:048-571-2145  FAX:048-571-8222

関連ファイル

インボイス制度・電子帳簿保存法セミナー申込書(PDF書類:880KB)