渋沢栄一

渋沢栄一

現在の深谷市血洗島に生まれ、東京商工会議所をはじめ、500以上の企業・団体や教育機関の設立に関わったほか、社会公共事業などにも熱心に取り組み、後に『近代日本経済の父』といわれた実業家です。2024年には新しい1万円札の肖像画に、2021年にはNHK大河ドラマ化が決定し、今、日本中から注目されている深谷市が誇る郷土の偉人です。

渋沢栄一の紹介

渋沢栄一デジタルミュージアム

渋沢栄一翁顕彰事業の推進

渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定の締結

東京商工会議所、東京都北区、公益財団法人渋沢栄一記念財団、深谷市、ふかや市商工会、深谷商工会議所の6者により、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」が締結されました。
この協定は、新一万円札の顔「渋沢栄一翁」の顕彰にあたり、各団体、自治体が持つそれぞれの特徴を活かしながら、多様な分野で包括的な連携と協働による事業を推進することにより、魅力ある地域社会の形成・発展及び住民サービスの向上に資することを目的にしています。
今後、当所としてもこの協定を通じ、さらに連携を強化し、様々な事業を実施することで地域経済の活性化に努めていきます。

大河ドラマ「青天を衝け」深谷市推進協議会

渋沢栄一翁がNHK大河ドラマの主人公に決定したことを大きなチャンスと捉え、一過性のもので終わらせることなく、官民一体となり街の活性化に繋げていくことを目的に「大河ドラマ「青天を衝け」深谷市推進協議会が設立されました。
当協議会では、当所の村岡会頭が会長に就任し、今後、市民の皆様や各機関と連携を強化し、魅力ある街づくり、持続的な地域の活性化に向けて活動していきます。

渋沢栄一翁ロゴマーク・肖像画の活用支援

深谷市では、市公式の渋沢栄一ロゴマークを作成しています。このロゴマークは誰でも無料で使用できます。
ロゴマークの使用申請は深谷商工会議所にて受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
是非、商品のパッケージやグッズに使用して、お店のPRにもお役立てください。

渋沢栄一ロゴマークの使用について

渋沢栄一に関する画像使用について

渋沢栄一翁ゆかりの商品・サービスの情報発信・新商品開発支援

地域資源(渋沢栄一翁ゆかりの)を活用した商品やサービスをPRする専用サイトを開設しています。
販路拡大・販売促進のツールとして、市内外の多くの方に自社の「深谷ならでは」をPRしてください。こちらも掲載料は無料です。また、新商品・新サービスの開発支援も行っていますので、是非、ご活用ください。

 

渋沢栄一翁ゆかりの商品

深谷市地域資源情報サイト(FUKAYA-BRAND)